脱毛の原点

現在主流となっているレーザー脱毛や光脱毛。その原点はご存知でしょうか?
このページでは脱毛の原点について簡単にご紹介します。

脱毛の原点

医療レーザーが世間に出回るまで、針脱毛での脱毛が主流となっていました。
針脱毛は欧米で100年を超える歴史があるとされていますが
これが唯一の永久脱毛法であったとも言われています。

医療レーザー脱毛は、針脱毛に比べるとまだ新しい脱毛法ですので深い歴史もそれほどありませんが
針脱毛と比べて安心・安全で確実な効果が期待できる脱毛法として、日本中に普及されました。

女性の美への追求

女性のムダ毛処理は今や多くの女性が行っています。
今までムダ毛処理は「セルフケア」が一般的であったのに対して、どうしてレーザー脱毛や医療レーザー脱毛がここまで利用されるようになったのでしょうか?

その理由として
テレビや雑誌に写る芸能人や読者モデルの多くがレーザー脱毛を利用したことなどがあげられます。
一般の方にとって芸能人は少し遠い存在と感じてしまいますが
一般人とあまり変わらないとされる読者モデルの中には
エステ、クリニック等で脱毛ををしていると話す人も居ます。
芸能人でもブログなどで公言する人もいますが、こういった方々がネットやテレビを通して口にすることで
エステやクリニックでの脱毛が広まったと考えられるでしょう。

ワキや足などに限らず、デリケートなVIOゾーンの脱毛をする方が増えた背景には、芸能人や海外セレブの影響も大きいでしょう。

医療レーザー脱毛の開発

脱毛の原点でお伝えしたように、針脱毛が最も主流な脱毛法でした。
ですが、針脱毛は毛一本一本に処置を施すので治療時間が多くかかり、強い痛みに耐えなければなりません。
また、医師の技術によって結果も左右されてしまいますので、脱毛に不安を感じる方が多く存在していたのは間違いありません。

安全で、脱毛効果も期待できるとして広まった医療レーザー脱毛は、1883年にハーバード大学のRox Anderson博士が発表した理論に基づいて、開発が進められるようになりました。

その後、1995年にアメリカで安全性が承認、販売許可も下り、日本の美容クリニック等にも2年後の1997年ごろには導入できるようになりました。

当時は医療レーザー脱毛も高額な脱毛法でしたが、現在は機械技術の発展で、安全性もさらに向上し、安価に利用出来るようになりました。

今現在、医療レーザー脱毛で主流とされている機器は以下の4種類となります。

  • アレキサンドライトレーザー

    レーザーを照射しながら、ガスによる冷却が行えるため
    肌へのダメージを最小限に抑えながらも高い脱毛効果が期待できます。
    顔やうなじなどのデリケートな部分に適しています。

    アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー

    冷却チップを搭載し、ジェルを塗りながらの治療を行いますので
    肌が乾燥しやすい方に適した機器として利用できます。
    脱毛効果は、アレキサンドライトレーザーと同等となります。

    ダイオードレーザー
  • YAGレーザー

    肌が黒めな人には難しいとされる医療レーザー脱毛ですが
    この機械の利用で安全に治療を行うことができます。
    効果もより深いところまでレーザーが浸透できるため、上記で述べた2機種で効果があまり出なかった場合にも使用されます。

    YAGレーザー
  • G-MAX

    アレキサンドライトレーザー等と比べると
    照射速度が早いのが特徴です。
    そのため、広範囲での脱毛ができますので背中、太ももなどの利用に用いられます。

    G-MAX
Copyright © 医療レーザー脱毛オススメ All Rights Reserved.